検索
  • ワイン酒場あるびぃ

劇場型鉄板焼き

年始営業を終えた後に、毎年必ず1泊2日でサービス研修へ行くのですが、

今年は面白い体験をしに行ってきました。


タイトルの通りなのですが、劇場型鉄板焼きという名目で、ナレーションから入り、

音楽や食材の説明、また調理の演出などなかなかに面白い趣向でした。


 導入ナレーションが終わり、調理場前にかかっていた幕が上がったところ。

 ナレーションは、劇場型鉄板焼きの進め方から、食材の説明などが行われます。

 

 これから某テレビ番組にあった『〇〇の鉄人』さながら、シェフが調理に取り掛かります。



     前菜:ホタテ貝のカルパッチョ、紫芋のムース、燻製鴨肉とオレンジ



     お造り:地場で捕れた魚と本マグロ中トロの炙り&刺身



     出汁しゃぶ:千葉県産いも豚とどこかの銘柄牛(牛の銘柄は忘れました…)

     下の写真のように出汁をかけて完成。 

     

     敢えて出汁を客席で注ぐところが、また演出効果を高めています。 


     出汁しゃぶの完成形♪ 


     ジュウジュウ焼いています。 


    房州エビとあわびの鉄板焼き


     口直し:ハモンセラーノと果物(忘れました…)の一品


     万華鏡:ご飯をちょっと炙った牛肉で巻いて、キャビア、ウニ、いくら、からす

        み、そしてオリーブオイルのキャビアをのせた一品。


     クラブ・ラ・スープ・ジャポネ:イバラガニのスープ


     メインの食材たち:松坂牛、熊本の赤牛、どっかの美味しい牛(忘れました…)


     お肉をフランベしたところ。

     フランベの迫力が伝わるように、照明も落とされます。


     食べやすいようにカットして♪


     ワサビ、硫黄の風味が漂うブラックソルトで頂きます。


     ガーリックライス:同じガーリックライスを鉄板に押し付けて作る煎餅付き 


     デザート:クリームブリュレですが、豆腐を思わせるフルフル感のブリュレ。


     3~4種のベリーを入れたシャンパンレッド


  人前で調理をするという点においては当店も変わらないので、とても今回の演出は勉強

  になりました。 


  これからも色々と見聞を広げて、少しでもお客様に喜んでもらえるように努めていきた

  いと思います。 


  大変勉強になりました。 

閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示