Recruit

 かつてApple創業者のスティーブ・ジョブズが、ペプシコーラのCEOジョン・スカリーを

口説く時に用いたセリフで、

『残りの人生を砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えるチャンスを手にするのか。』

という強烈な言葉を残しています。

 私自身、元々はサラリーマンをしてました。

チャンスにも恵まれ、若いながらに役職も頂き、色々と苦労はありながらも

いい経験を積ませて頂きました。

 ただ、会社員というのは、当然のことながら『自分がやりたいと思うこと、あるいはある種の決断においてその判断が正しいと思うこと』であっても、必ず上役の承認が必要となります。

 承認される場合もあれば、上役の考えるメリットデメリットから否認されることもあったり、

部署間や上下関係のしがらみ、はたまた個人的な感情などによって阻まれてしまうことも少なくはありません。

『決定権がある』

 独立するということは、自分自身が決断し実行する、そして『成功の喜びも失敗のリスクも全て享受する・できる』ことだと思うんです。

 ですから、これをご覧になっている方に考えてみて欲しいと思います。

『残りの人生を人に決められたことをやって過ごしていくのか、それとも自分で自分の人生を選び取っていくのか』と。

 もし、今くすぶっている思いがあれば、ぜひご連絡ください。

 直接お会いして、今後の事業構想を踏まえ、色々とお話をしながら考えて頂ければと思います。

 (当店では『Encounterエンカウンター』と呼んで、面接とは別に、直接お会いしてお話をする機会を設けております。)

 飲食店経験、接客業経験は問いません。

 ご連絡をお待ちしております。

 ワイン酒場あるびぃ

 店主 代田 誠(しろた まこと)

お問い合わせ

メッセージを送信しました